覚王山『吉芋』名物”花火”は手が止まらなくなるおいしさです

スポンサーリンク



f:id:juno1123:20160925033019j:plain覚王山の吉芋(きちいも)の名物『花火』です。
細長くスライスしたさつまいもを菜種油でカラリと揚げ、自家製の蜜をからめた素朴なお菓子。
これが手が止まらなくなるおいしさなんです

 

 

激戦区名古屋覚王山の人気店『吉芋』

f:id:juno1123:20160925032944j:plain本店は覚王山にあります。(松坂屋名古屋店の店舗で購入しています)
覚王山には老舗有名店が多く立ち並びますが、激戦エリアでも常に人気ランキング上位にあがる「花火」。
人気の秘密は老若男女誰もが好む素朴な味と、手軽に味わえるお値打ちさにあるのでしょう。

f:id:juno1123:20160925032957j:plainくるりと巻いた紙を剥がすと、ごく普通のフードパックが表れます。
名古屋らしい”見栄えよりも中身で勝負!”といったところしょうか。

線香花火を思わせる極細のカット

f:id:juno1123:20160925033009j:plain「花火」と言えば、この極細カット。
極細に切ったさつまいもはカリカリっとしていますが、甘すぎない蜜がほどよくしなっとさせてくれています。
食感がよいのでついつい止まらなくなっていまうのです。

季節によって最高の品種を使用

f:id:juno1123:20160925033032j:plainこのつや感もたまりませんね。
吉芋では、季節によって一番おいしいさつまいもを使っているとのこと。
一年を通しておいしく食べられるのは、目に見えない工夫をしているからなのですね。

「花火」は冷凍保存も可能

f:id:juno1123:20160925031733j:plain
花火の消費期限は製造日を入れて3日間、冷凍保存も出来るのが嬉しいですね。

f:id:juno1123:20160925033044j:plain「甘藷」とはさつまいものこと、添加物など使っていません。

f:id:juno1123:20160925032932j:plain全国に出張販売もされているようですよ。
見つけたら是非買ってみてくださいね、絶対においしいですから。

おいしくいただきました。


花火
/600円/吉芋/松坂屋名古屋店

「らぽっぽファーム」は『天皇杯受賞』のさつま芋を使った絶品お芋スィーツ専門店。
お得なお試しセットもあり。