覚王山『吉芋花火』極細カットがカリっとうまい!栄・名古屋駅でも買えます!




f:id:juno1123:20160925033019j:plain覚王山の吉芋の名物『吉芋花火(きちいもはなび)』、細長くスライスしたさつまいもを菜種油でカラリと揚げ、自家製の蜜をからめた素朴なお菓子です。

これが手が止まらなくなるおいしさで、ついつい手が止まらなくなってしまいます。
我が家でも大人気で3人で食べると1パックはあっという間、お茶はもちろん珈琲でも牛乳でもあいますよ。

 

 

どこで買えるの?

f:id:juno1123:20160925032944j:plain吉芋の本店は覚王山にあり、駅からは少し離れた場所にあり車でないとちょっと不便かもしれません。

でも大丈夫!名古屋・栄の「大丸松坂屋名古屋店」、名古屋駅の「ジェイアール名古屋高島」の地下食品売り場でも手軽に買えるんです。

デパ地下には「吉芋花火・吉芋塩花火」や「大学芋(べっこう芋)」「拍子木(ひょうしぎ)などメイン商品のみですが、本店には鬼まんじゅうやスイートポテトもあるようですよ。

吉芋花火(きちいもはなび)/600円(税込)

f:id:juno1123:20160925032957j:plainくるりと巻いた紙を剥がすと、ごく普通のフードパックが表れます。
名古屋らしい”見栄えよりも中身で勝負!”といった意気込みが感じられます(笑)
お値段は170gで600円(税込)、300円の小ぶりサイズもありますよ。

覚王山エリアは、老舗有名店が多く立ち並びますが、激戦エリアでも常に人気ランキング上位にあがる吉芋の「吉芋花火」。
人気の秘密は老若男女誰もが好む素朴な味と、手軽に味わえるお値打ちさにあるのでしょうね。

特徴は極細カット

f:id:juno1123:20160925033009j:plain「吉芋花火」と言えば、線香花火を思わせる極細カット。

極細に切ったさつまいもはカリカリっとしていますが、甘すぎない自家製蜜がほどよくしなっとさせてくれています。
食感がよいのでついつい止まらなくなっていまうのです。

季節で最高の品種を使い分け

f:id:juno1123:20160925033032j:plain
吉芋では、季節によって一番おいしいさつまいもを使っているとのこと。
一年を通しておいしく食べられるのは、目に見えない工夫をしているからなのですね。

冷凍保存は?

f:id:juno1123:20160925031733j:plain
花火の消費期限は製造日を入れて3日間、冷凍保存も可能なので便利です。
食べきれないようならその日のうちに冷凍すれば、自然解凍で当日とほぼ同じ食感を楽しめます。
極細なので、平たく冷凍しておけばすぐに解凍できるのも嬉しいところ。

賞味期限は?

f:id:juno1123:20160925033044j:plain「甘藷」とはさつまいものこと、添加物など使っていないのでお子さんでも安心して食べさせられますね。

お取寄せは?

ここまで読んでいただき、ぜひ食べてみたい!でも覚王山も栄も名古屋駅も遠い!もしくは行くのが面倒くさいって方はお取り寄せもできます。

お店に電話をあいて注文すれば送っていただけるんですよ。遠くからの交通費と手間を考えれば送料はお安いかも。052-763-2010

f:id:juno1123:20160925032932j:plain各地デパートやショッピングモールなどに出張販売もしているようなので、見かけたら是非食べてみてくださいね!
きっとまた食べたくなるおいしさですよ。

駐車場は?

覚王山「吉芋」の駐車場は、お店南の「杉山女学園南」の交差点を渡り、1本目を左折した駐車場の 「①・⑥・⑧・⑪」が契約駐車場になります。

お店から少し離れているのでご注意くださいね。

こちらの「らぽっぽファーム」は『天皇杯受賞』のさつま芋を使った絶品お芋スィーツ専門店。
お得なお試しセットもあり。


店舗情報

覚王山 吉芋 本店 (かくおうざんきちいも)
住所:愛知県名古屋市千種区日進通5-2-4
電話:052-763-2010
営業時間:10:00~18:00
定休日:無休(年始年末を除く)
駐車場:4台
参考サイト:http://www.kichiimo.com/

地図