>>犬山城下町 食べ歩き21選!御朱印や体験も!<<

老若男女に愛される”夜のお菓子”春華堂うなぎパイ

甘さ控えでサクサク食感、時々無性に食べたくる「うなぎパイ」。静岡名物なのに、名古屋駅のお土産売り場で大人気!

一時期JR名古屋駅のおみやげ売り場から姿を消してしまった”うなぎパイ”、SNSから多くのファンの声の支持が盛り上がり、奇跡?の復活を遂げた伝説を持ちます(笑)

名古屋駅でバカ売れ「うなぎパイ」の秘密

静岡名物なのに、なぜ名古屋駅でバカ売れしているのか?
それは”のぞみ”に乗ると浜松駅を素通りしてしまうので、うなぎパイが買えないかららしいです(笑)。

名古屋だと、名古屋駅や金山、三越菓遊庵などで気軽に買えるので知りませんでした。
「うなぎパイ」は崩れやすいのでメーカーは発送しておらず店頭でしか買えません。Amazonなどで定価以上で転売されているのでご注意くださいね。

うなぎパイ(12本入)962円

サクッと口当たりがいいから、お年寄りも子どもも大好き。
甘すぎないから、甘いものが苦手でもこれなら食べられるって人多いです。こちらは12本入り。

個別包装なので職場や学校でのバラマキお土産にも人気。
日持ちは60日と結構長持ち!うなぎパイの1枚あたりのカロリーは79kcalです。

長さは12.5cmほど。
昔はもっと長かった気がする。(何十年前の話だ?)

で、「うなぎパイ」を一躍有名にしたのがこのキャッチフレーズね、夜のお菓子。
その昔は名古屋でもCMやっていて「夜のお菓子」と言うフレーズは昭和の小学生男子を興奮させるのには十分でした(笑)
いまでも地元静岡ではCMやっているようです。

いくつもの層になったパイ生地が薄くスライスされて、口どけがよくサクッとして香ばしい。
パイ生地に「うなぎエキス」がブレンドされているらしいですが、うなぎの味は残念ながらしません。

ガーリックもブレンドされているとのことで生地は甘くなく、甘いのが苦手な人もおいしく食べらちゃいます。
グラニュー糖がまぶしてあるのでほんのりと甘いです。

いつもの自宅用はこちら「うなぎパイミニ」、サイズが小さめで箱ではなく袋に入っているのでリーズナブル。

サイズが小さいだけだと思っていたのですが、”ミニ”には蜂蜜とナッツが入っているとか。
そういえばナッツの味がほのかにしてました!!

久々に箱で買ってみたら中にこんなしおりが、、、。

春華堂の工場「うなぎファクトリー」に行きたくなっちゃうような連載漫画が載っています。
(こちらは春華堂のHPでも見られます。)

なんと間違い探しまで!!
「夜のお菓子」では釣られなくなった平成小学生男子をこんな風に振り向かせていただんですね(笑)

いつ食べてもおいしい「うなぎパイ」、名古屋にきたら是非お土産に!

商品名 うなぎパイ ミニ
発売元 春華堂
賞味期限 製造日より40日
価格 712円税抜(10個入)
カロリー 58kcal
お取寄せ 楽天市場
原材料名 小麦粉、砂糖、バター、植物油脂、アーモンド、ピーナッツ、白胡麻、卵黄、うなぎ粉、ガーリック、蜂蜜、フラクトオリゴ糖、ビタミンA,酸化防止剤(V.E.)、香料

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。