>>ららぽーと名古屋グルメ大特集!<<

熱田神宮『宮きしめん』赤つゆ白つゆどちらもうまい!駐車場のおすすめ情報も


熱田神宮へお参りに行くと必ずよるのが「宮きしめん」。
創業は大正12年、宮司様より熱田神宮の『宮』の字を頂戴して“宮きしめん”と命名していただいたとのことですよ。

「宮きしめん」には”赤つゆ”と”白つゆ”があるって知ってました?赤つゆの方が少しコクと甘みがあり、白つゆは「おすましつゆ」と呼ばれ上品味わいの汁です。
子どもの頃から熱田神宮へ初詣にくると並んで食べたきしめん。昔から変わらない、あの小屋みたいなところで食べるのがまた”オツ”なんですよね。

 

 

「宮きしめん」はどこにあるの?

熱田神宮の参道は広い一本道になっているため、どこの門から入っても道なりに歩いていけば看板があります
ただ道なりに店舗があるのではなく、看板から1歩入った場所にあります。

注文の仕方

まずはカウンターの真ん中にある「注文窓口」で注文してお会計を済ませます。
カウンターの手前にはお土産用のきしめんが買えますよ。

メニューの種類と値段

基本は定番の「あかつゆ」、おすましきしめん(700円)と白えびかき揚げきしめん(800円)が白つゆになります。
どちらもおいしいですが、迷ったらまずは定番の「あかつゆ」がおすすめ。*すべて税込み価格

  • 宮きしめん・・・650円
  • おすましきしめん(白つゆ)・・・700円
  • とろろきしめん・・・750円
  • 白えびかき揚げきしめん(白つゆ)・・・800円
  • 天ぷらきしめん・・・900円
  • 小盛 宮きしめん・・・500円
  • 麺大盛増し・・・150円
  • かき玉きしめん・・・800円

 

お会計をすませたら、そのまま左に移動するとすごい早業で注文したきしめんが出てきます。
用意されているトレイに乗せたら、その場でネギを好きなだけ盛りましょう。

店内の様子と雰囲気

カウンターの前がイートインになっており、しっかりした屋根はありますが周りはすだれを掛けただけの簡易的な場所です。
夏は風を感じながら、冬はきしめんの温かさが身に染みます。

外にもテーブルとイスがありますよ。

熱いお茶と冷水がセルフで用意されています。

赤つゆと白つゆを食べ比べ

だしは白と赤の2種類、赤が名古屋風のように思えますが白つゆも昔から地元で作られています。
赤つゆはコクがあって甘め、白つゆの方が上品でまろやかです。
2種類のだしが選べるのはかなり珍しいんじゃないでしょうか。

左が赤つゆの「小盛 宮きしめん」、右が白つゆの「白えびかき揚げきしめん」。
左の宮きしめんは小盛りなので小さめです。

定番は小盛も選べて嬉しい

具は「宮」の文字のはいったかまぼこ、しいたけ、おあげ、ほうれん草、ねぎ、かつおと小盛でも具はそのまま。
名古屋観光であれこれ食べたい!って時や、お子さんに一人前食べさせたいって時には「小盛」があるのは嬉しいですよね。+150円で大盛にもできますよ。

きしめんなので平たく、箸ですくい易いんですよ。材料はうどんと同じで麺の形だけが違うんだそう。

どんぶりや湯飲みにも「宮」の文字、老舗の貫禄を感じますね。

食べ終わった食器はカウンターに返却しましょう。割りばしはゴミ箱へ。

きしめんはなんで平たい形なの?

きしめんがなぜ平たい形になったのかは諸説あります。
一般的には言われているのは、早く茹で上がるようにとうどんを平たい形にしたそうな。時間と光熱費の節約のための工夫という,堅実でケチな名古屋人らしいエピソードですね。

きしめんの定義って知ってる?

名古屋独得の平たい形の「きしめん」、ちゃんと定義があるんですよ。
乾麺の場合は『幅が4.5ミリ以上厚さが2.0ミリ未満のひも状に成形したもの』が基準。
生麺には細かな基準はなく、麺が平たくてきしめんに見えれば良いとされているそうです。

混みあう時には本店隣接の「伊兵衛」がおすすめ

初詣にはかなり混みますが、入れ替わりが早いので長蛇の列でも意外と早く順番が回ってきます。
ただ寒いのと吹きっさらしなので長時間待つのはちょっと厳しめです。

車なら金山総合駅近くの「宮きしめん 伊兵衛」がおすすめ。神宮店より若干お高めですがこじゃれた店内は定番以外のきしめんも人気です。
本店(売店のみ)のお隣なのでお土産も豊富、駐車場も15台用意されています。
わたしは自転車でもこちらに寄ったりします。
https://www.miyakishimen.co.jp/ihyoue/

駐車場は?

熱田神宮には多くの無料駐車場が用意されていますので、初詣以外は無料駐車場を利用しましょう。

東門駐車場は広くて回転率がよいのでおすすめ

土日は駐車場待ちの行列ができることもありますが回転が早いのでさほど待たずに入れますよ。神宮前名鉄百貨店前の東門駐車場が広く、回転率が速いのでおすすめです。

東門は第一駐車場~第三駐車場までありますが、第一第二は結婚式やイベントなどで閉鎖になる可能性があるので第三駐車場に直行するのが便利ですよ。
第三駐車場の入口は名鉄パレの前、混んでいると列になっているのですぐにわかります。

南門は午前中ならおすすめ

南門は広い通りに面していないので目立たず穴場かもしれませんね。ただし収容台数が60台と少な目で満車だと回転率が悪いです。
朔日市や七五三の時期には午前中には満車になることを想定して東門に直行するのがおすすめです。

西門早朝5時から開門。

西門は19号線から入りやすいですが、狭いし観光バスが出入りするのであまりおすすめはしません。
ただしこちらの駐車場は朝5時からと一番早くに開門します(南門と東門は7時開門)。早朝の厳かな時間に参拝がしたいという方はこちらへどうぞ。

駐車場合計台数 約400台
東門駐車場 約300台
西門駐車場 約40台
南門駐車場 約60台

※駐車場は基本的に午後5時に閉門致します。
※12/31夜~1/8並びに6/5は全ての駐車場が使用できません。
※その他、祭典行事などで駐車場の使用を制限する場合がありますのでご了承下さい。使用不可の場合は熱田神宮トップページの「最新情報」に掲載されます。

お正月はすべての駐車場が閉鎖して近隣駐車場が高騰!

大晦日から1月8日はすべての駐車場が閉鎖します。そして近隣1kmほどの駐車場が1時間1,000円ほどにいきなり高騰します!
しかも普段なら参拝だけなら1時間で余裕なのですが、お正月は長蛇の列で前に進まないので時間がかかると思った方がいいです。
少し遠いコインパーキングまで歩くか、公共交通機関をおすすめします。

混むのはお正月三が日だけだと思ったらお間違い。
愛知県の昔からの中小企業は手堅い会社が多く、正月明けの初出勤には例年「熱田神宮にご参拝」となっている会社が結構多いのです。
さらには1月5日は「初えびす」のため、これまた商売繁盛を願う商売人が多く集まり賑やかなのです。

熱田神宮は全国トップ5の人気初詣スポットなんだそう。
なんせ三種の神器のうちの一つ「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」が奉斎されているんですからね。後2つ「八咫鏡(やたのかがみ)」は伊勢神宮に、「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」皇居・吹上御所に奉斎されています。

お正月は熱田イオンから運行するシャトルバスも便利

例年”元旦~5日”くらいまで、熱田イオンから臨時無料シャトルバスが走ります。
熱田イオンの駐車場も広いのでこちらに留めてシャトルバスを利用するのもいいかもですね。1時間数本でるので便利です。

熱田イオンに車を置いて参拝に行くもおすすめです。ただし元旦は熱田イオンも福袋で早朝からかなり混雑します。元旦営業はこの辺りではイオンだけになったのでさらに混みます。
2日からは元旦ほどの混雑はありません。

あつた朔日市の開催される毎月1日も無料シャトルバスがでていますよ。
朔日市の日なら土日でも駐車場はさほど待たずに入れます。
http://www.aeon.jp/sc/atsuta/access/bus.html

まとめ

熱田神宮は伊勢神宮ほど広くはありませんが、やはり中に足を踏み入れると空気が違います。
しゃりしゃりと鳴る敷石の音も好きです(間違ってもヒールは厳禁)。

熱田神宮にお参りしたらぜひ「宮きしめん」も楽しんでくださいね。

*2018年4月現在の情報です。

店舗情報

宮きしめん 神宮店
住所:愛知県名古屋市熱田区神宮一丁目1番1号 熱田神宮境内
電話:052-682-6340
営業時間:9:00~17:00(L.O.16:30)
定休日:年中無休
駐車場:熱田神宮駐車場(無料)

地図

コメントを残す