桜山『焼き菓子ルルー』反則技のジューシーなフルーツタルト3種食べ比べ

スポンサーリンク



名古屋市瑞穂区桜山の『焼き菓子ルルー』再訪です。
こちらのお店は12時開店、売り切れ次第に閉店という知る人ぞ知る人気店なのです。
先日のキッシュがあまりにおいしかったので、今回は念願のタルトをゲット!
現在、管理人一押しのお店です。

 

 

 

反則技並みの焼き!

焼き菓子ルルーのすごいところは、反則技なみに焼き込まれた焼き菓子たち。
表面に焦げ目がつくほど焼き込んであるけれど、つやつやのナパージュにガードされてフルーツはフレッシュ!
なんともアンバランスに感じられます。

グレープフルーツとヘーゼルナッツのタルト/390円

こちらがグレープフルーツとヘーゼルナッツを使ったタルトです。
グレープフルーツはレッドグレープフルーツですね。
サイズは半径で約10.5cm・112g。

これだけ焼いているのにフルーツがジューシーでフレッシュなのが不思議です。
グレープフルーツの酸味とヘーゼルナッツがマイルドにしてる気がします。

ネーブルオレンジとあまなつのタルト/390円

酸味がきいたさわやかな味、こちらもジューシーです。
サイズは直径約10.5cm・102g。

甘夏とネーブルオレンジ2種類のカットがのっています。
酸っぱくてジューシー、爽やかなおいしさ。

りんごのタルト/400円

トロトロに煮込んだりんごのフィリング。
フォークがスッと滑らかに入り、まろやかな口当たりです。
サイズ約10.5cm・122g。

ビジュアルは濃厚そうですが、結構あっさり。
シナモンは焼いてからトッピングしてあるようで、ダイレクトにシナモンの香りが味わえます。
タルト生地とダマンドが一体化して、さっくりとした食感。

これだけしっかりと焼いてあるのでカリッと軽く、崩れてきます。
一般的なフルーツタルトの硬いタルト生地とはかなりイメージが違います。

りんごのフィリングもかなり手を掛けた感じ。
フルーツもたっぷりのって400円はかなりリーズナブルだと思います。
どちらも甲乙つけがたくおいしい。

『焼き菓子ルルー』は隠れ家のような気取らないお店

桜山からしばらく歩いた大通りを少し入ったところにある、お菓子屋さんらしくない店構えです。
土日には行列が出きるようですが、平日は見逃しに注意!

この日は平日でも開店前に3人が並んでいました。
シャッターには無断駐車お断りのお願いのチラシが貼られています。

入り口に購入の際の個数制限のお知らせがあります。
タルト・キッシュ・スコーンは個数制限があり、並んだ順番にスタッフさんが注文を聞いて箱詰めしてくれます。
手前に並んでいるパッキングされたクッキー類は自由にカゴに入れられます。

売り切れ次第に閉店

この日はタルト5種、キッシュ2種、スコーン1種が並んでいました。
タルトとキッシュ以外は予約もできるようです。
焼き菓子は贈答用にラッピングも可能。

売り切れ次第に早めの閉店が多いので、平日でも早めの訪問をお勧めします。
土日は行列覚悟のようです。

焼き菓子 ルルー (Le Roux)
営業時間 :12:00~18:30[日]12:00~17:30(売り切れ閉店)
定休日 :火曜・水曜