日進『サバーヴィアン』採れたて野菜が贅沢な農園レストランは子連れにもやさしい




日進に1月オープンした「農家レストラン サバーヴィアン」へ行ってきました。
愛知県初の国家戦略特区制度を活用した「農家レストラン」だそうで、レストランに隣接した新鮮な採れたて野菜を使っているんだそう。

あの「ル・ゴルドン・ブルー」で学んだ経験もある料理研究家・中村和美さんがグランシェフを務めていらっしゃるとのことで、お味はかなりのハイクオリティー。
隣接した農園で採れる新鮮な野菜をたっぷりと使ったメニューは、野菜の甘さをひきだしたやさしい味でした。

 

 

お店の場所

お店の場所は名二環「植田IC」より車で4分、名古屋市昭和区の高辻から車で25分でした。
地下鉄平針駅からは徒歩10分ほどかかるようなので、やはり車が便利でしょうね、赤い建物が目印ですよ。

外にはテラス席があるようですが、この日は風が強かったためか使われていませんでした。

店内の雰囲気

店内は中央に大きなカウンター席、奥の壁際はソファー席、窓際に2人掛けのテーブル席で30席くらいでしょうか。

公式サイトからネットで予約しましたが、中央の大きなテーブル席に案内されました。

オープンキッチンで、席からもキッチンの様子がよく見えます。

天井が高く、開放的な店内。

ランチメニューの種類と値段


ランチのメニューは3種類

●農園の気まぐれ昼ごはん・・・税別1,500円
●農園のお子様昼ごはん・・・税別1,000円
●野菜と骨付きチキンのカレー・・・税別1,500円
●ゴロゴロ野菜のキッシュ・・・税別1,500円
●飲物(コーヒーor紅茶orハーブティ・・・税別200円

数量限定のキッシュはなかったため、「ドリア」になっていました。

農家の気まぐれ昼ごはん/税別1,500円

わたしは「農家の気まぐれ昼ごはん」、相方はキッシュの代わりの「グラタン」にしました。

ポタジュのポタージュ/旬の野菜で作るポタージュ

この日は玉ねぎのポタージュでした。

玉ねぎの甘さがひきたつやさしい味です。

米粉パン

おいしいと評判の「米粉パン」をチョイス、思っていたよりも小ぶりで、小さめのロールパンくらい。

白米、五穀米は大盛り、中盛り、小盛りを選べるようです。

焼きたてふかふかのパンがテーブルに。
評判通りにもっちり、ふんわりでめちゃうまでした!

メインディッシュ&サラダ

メインディッシュは「あいポーク」、あっさりとした味付けのソテー。

後から来店した目の前の2人連れのお皿にはソースがのっていたので、運が良ければマスタードソースでいただけるようです。

豚肉はジューシーでやわらか。

エディブルフラワーを添えたサラダ。
野菜の多くは隣接する農園から収穫した、採りたての野菜を使っているんだとか。

添えられているのは焼いた筍と新玉ねぎ。
この筍が甘くてやわらかく、まさに採りたてって感じでした。

プチディセール+ハーブティ(+200円)

ハーブティ(税別200円)を追加して、プチディーゼルといただきました。
ハーブティおいしかったですが量が少なめ。

シフォンケーキがふわふわ!生クリームもあっさりめでおいしかったです。
苺は隣接する苺ファームで栽培している「章姫」なんだそうですよ。

ケチャップ味のグラタン+サラダ

こちらが「グラタン」です。

中はケチャップであっさりめに味付けしたご飯、具はひき肉と野菜でした。

メインディッシュ以外は同じメニューで出てきました。
全体的に素材を生かした上品なお味で、特にスープは手をかけてあるのが伝わるやさしい味でした。

モーニングメニューはこちら

8時から11時はモーニングもあり好評なようです。

●農園の朝ごはん・・・税別1,000円
ポタジュのポタージュ
オムレツorココット
サラダ
米粉パンor白米or五穀米
ヨーグルト
お飲物

お子様用は800円で量が少なめなようです。
モーニングはドリンクも付いていてお得感ありますね!

ランチタイムが終わる2時~はアフタヌーンティ(税別2,700円/1人前)、パフェなども楽しめるようですよ。

 

子連れにやさしい心遣い

朝食やランチメニューにお子様メニューがあるように子連れ歓迎のようです。
おトイレの中にはベビーホルダーはもちろん、お子さん用の踏み台が用意されていました。

手洗い場も低めになっており、子どもが自分で手を洗えるようになっていました。

トイレや入口のドアも引き戸になっており、車イスもOKのユニバーサル使用になっているのも好感度高いです。
(車イスOKと謡いながら、ドアに段差があったりトイレが引き戸だったり、実際不便な店が結構あります。)

国家戦略特区制度を利用した農家レストランって?

お店のまわりは、ほとんど農地で畑が広がっており、サバーヴィアンが建てられた土地も元は農地だったとのこと。

本来なら農地法のため、農地は農業以外の用途に使うことは許されていないんだそうですよ。
それをアベノミクスの成長戦略である国家戦略特区を利用することで、愛知県では第一号となる「農家レストラン」が実現したんだそう。

今後もこういった「農家レストラン」が増えていくといいですね。

予約の方法

それぞれの時間で予約が可能です。予約は電話、公式サイトからどうぞ。
キッシュのランチは数量限定で午後からの予約だと完売しているので、11時からの予約がおすすめ。

  • 農園の朝ごはん
  • 農園のお昼ごはん11:00
  • 農園のお昼ごはん12:45
  • 農園のひと休み

公式サイト:http://club-suburb.com/sb/
電話予約:052-848-8991

駐車場

駐車場は店舗の両側にたくさんありますので土日でも心配ありません。

まとめ

「ル・ゴルドン・ブルー」で学んだというグランシェフが提供する料理はかなりハイレベル。
新鮮な野菜をたっぷりと使ったグランシェフの料理を、お手軽に食べられるレストランとしては満足度が高いです。

ただ相方のように「農場レストラン」だから野菜いっぱい食べれるだろう!と思っていくと、ちょっと違うかも。
上品なお味でしたが量も上品で、大食いでない相方も「これじゃ全然足らん!2人前食べられる。」だそう。

マダムのランチとては満足度が高いですが、予約をしてもカウンター席だと落ち着きませんね。
もう少し空いてからか、ネット予約ではなく電話でカウンター以外の席を予約するのがおすすめです。

店舗情報

農園レストラン サバーヴィアン (suburbian)
住所:愛知県日進市赤池町下田90
電話:052-848-8991(電話予約はこちらから)
営業時間: 8:00〜17:00
定休日:火曜日、第2月曜日
駐車場:30台
参考サイト:http://club-suburb.com/sb/(ネット予約はこちらから)

地図