大正テンドグラス必見!『市政資料館』昭和レトロな喫茶室でいただく珈琲とミックスサンド




『名古屋市市政資料館』の喫茶室でランチをしてきました。
大正11年に『名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎』として創建された建物は、映画のロケ地としても使われている観光地でもあるんですよ。
そんな大正ロマンを感じさせる店内でまったりとした時間を過ごしてきたのでした。

 

 

『市政資料館』は映画ロケ地にも使われている観光スポット!

おしゃれな煉瓦造りの建物は、重要文化財として登録される貴重な建造物なんですよ。しかもこちら、無料で見学ができる穴場の観光スポットなんです。
レトロ好きの筆者としては、かなりおススメの場所なのです。

玄関から足を踏み入れると、まず目に飛び込んでくるのが、中央階段と正面のステンドグラス。
両側の手すりは大理石、なんとも厳かな気持ちになります。

裁判所として創建されたこちらの建物の最大の見せ場は2つのステンドグラス。天井公明正大な裁判を誓う「日輪」、正面は罪と罰が釣り合うことを意味する「天秤」をモチーフにしているんだそう。

こちらの階段では、これまで1,000組以上が挙式をしているんだそうですよ。
コスプレの撮影場所としても人気で、筆者が見学に回っている時にもコスプレヤー数人が撮影していました。

市政資料館喫茶室でミックスサンドをいただく

こちらが市政資料館の館内にある「喫茶室」。
目立つような看板がある訳ではなく、並んだ部屋の一室が喫茶になっている感じです。

まさに「喫茶店」といった感じで懐かしい!

人気は「ミックスサンド」、お値段600円で結構ボリュームがあります。
トマトときゅうりの野菜サンドにはポテトサラダ入り!昭和の香りでおいしいです。

珈琲は300円とお値打ち価格ですが、ちゃんとネルドリップで淹れた本格派。

小倉トースト350円も人気なんだそう。

他にレモンスカッシュ、バナナジュース、クリームソーダなど、昭和世代には”胸キュン”もののランナップ!
ふた昔くらいタイムスリップした感じですね、いやもっとかな。

駐車場は?

駐車場は12台、しかも無料!開館時間9:00~17:00までなのでご注意を。
土日祝日はすぐに満車になってしまうので午前中がおすすめです。

店舗情報

名古屋市市政資料館 喫茶室
営業時間:9:00~16:45
定休日:月曜日・第3木曜日

地図