本格中華ランチが1,000円!『ラポールRAPPORT』は大名古屋ビルヂング3階




大名古屋ビルジング3Fに入っている、広東料理のお店『ラポールRAPPORT』でランチしてきました。
伏見の高級広東料理「茗圃」の姉妹店なんだそう。伝統を守る本店「茗圃」と趣旨を変え、「温故知新」を体現し、伝統を守りつつ斬新な創作料理がコンセプトとか。
ランチは1,000円、本格的中華がお値打ちに食べられる嬉しいお店ですよ。

 

 

お店の場所

お店は名古屋駅の「名古屋ビルヂング3F」とアクセス抜群、駅から雨でも濡れずに辿り着けますね。
お店の外観は中華っぽくない雰囲気で、うっかり通り過ぎるところでした(笑)

店内の雰囲気

窓も広くてお店の雰囲気もいい感じです。

平日1,000円ランチの内容

平日限定の「本日の日替わり」は、デザートまでついて”税込1,000円!”とお値打ちです。

  • ランチスープ
  • 特製点心1点
  • 本日の日替わり料理1点
  • 白飯
  • 本日のデザート

お皿の数が多くてかなり豪華に見えますね。一番上のカラフルなお皿は点心のタレです。

本日の点心は「シュウマイ」でした、
それなりの大きさの蒸籠にポツンと1つはちょっとさびしいけれど、+300円で各種点心の追加もできるそう。
ザーサイは辛すぎず上品な味でご飯がすすみます。

本日の料理は「鶏肉とカシューナッツの炒め物」、これがかなりレベルが高くて感動。
当然のことながら、ラーメンライスで700円ランチ出してるお店と全く味のレベルが違います。

野菜はシャキシャキで種類も豊富、カシューナッツもごろごろと、確かにこの味で1,000円ならお値打ちです。
ただわたしはお腹もふくれましたが、男の人だとこれでは量が足りないでしょうね。

食後のデザートの杏仁豆腐はいきなりレベル下がっちゃってます・・・。ぶっちゃけ、これなら温かいお茶を出してもらった方が嬉しいかな。
日替わりのようなので、また日を変えて料理を食べてみたいですね。

名古屋ビルヂング3F同じフロアにある「万作」もおすすめですよ↓

宮崎名物『冷や汁』お値打ちランチが名古屋駅「万作」で味わえる

名古屋ビルヂング3F「ラ・ポール」まとめ

  • 場所は名古屋駅「名古屋ビルヂング3F」とアクセス抜群!
  • 伏見の高級広東料理「茗圃」の姉妹店で味は間違いなし
  • 本格的中華を味わえる「平日ランチ」はデザートもついて1,000円ぽっきりとお値打ち