>>名古屋の食パン専門店特集!<<

『白壁カフェ 花ごよみ』豪華和モーニングがめちゃお得!メニューは?値段は?駐車場は?

名古屋市の「文化のみち」は江戸から明治、大正へと続く名古屋の近代化の歩みを伝える、貴重な歴史遺産が残されているエリアです。
大正ロマンあふれる建築物が残るこのエリアに、しっくりと馴染むように佇む人気の和カフェが『白壁カフェ 花よごみ』。
特にこちらの豪華なモーニングは、土日には行列ができる人気なんですよ!

お店の場所は?

場所は「文化のみち 二葉館」と道を隔てたお隣。
高級住宅街にしっくりとする白い建物に、玄関までは石畳の上品ですよね。

店内の雰囲気

お店の中は落ち着いた雰囲気で、突き当りはオープンカフェになっているそうです。陽気がよい季節には気持ちよさそうですね。

モーニングメニューの種類と値段

ドリンク代のみでついていくるモーニングの種類は3種類から選べます。

モーニングの種類(ドリンク代のみ)

  • トースト+サラダ+茶碗蒸し
  • おにぎり2つ+サラダ+茶碗蒸し
  • お粥(夏は冷やし茶漬け)+サラダ+茶碗蒸し

ドリンクはコーヒー380円~とお値打ち!

お粥のモーニング

冬なので温かい「お粥」をチョイス、ドリンクは和カフェならではの「抹茶(480円税別)」にしてみました。茶碗蒸しとお粥が温かいので、寒い冬にはほっこりとした気分になれます。
しかもサラダが彩りよくて豪華!茶碗蒸しも具沢山で、こりは行列になるのも納得です。

モーニングの時間は何時まで?

モーニングの時間はオープンの7時半から10時までとちょっと早め。
早起きしてモーニングをした後は「ぶんかの道」のお散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。

モーニング以外でもお得!

モーニングだけで驚いてちゃいけません。実はこちらの「白壁カフェ 花ごよみ」は、モーニングを過ぎても嬉しいサービスがあるんですよ。
定番のドリンクに「和菓子」がサービスでついてくるんです。

サービスだからと侮るなかれ!こんなに立派な「和菓子」がつくんですよ。しかもコーヒーは”ネルドリップ式”の本格派です。

雑誌も充実しているのも嬉しいポイント。店内の雰囲気はよいし、気分転換にふらっと一人で立ち寄りたいカフェですね。
この日も゛おひとり様マダム” が数人いらっしゃいました。

モーニングの時間は?

モーニングの提供時間はオープンの7時半から10時半までです。

駐車場は?

駐車場はすぐ目の前の系列店「太閤本店」と共同で50台の広い駐車場があるので問題なく停められますよ。

お隣の「二葉館のステンドグラス」は見逃せない!

入り口を出て右側が、「文化のみち 二葉館」です。
日本の女優第一号の「川上貞奴」と電力王と言われた実業家「福沢桃介」が暮らした、昭和初期に創建された和洋折衷の豪奢な邸宅です。

こちらの大広間にある「ステンドグラス」は創建された昭和初期の貴重なステンドグラス。
ステンドグラスが飾られている大広間は、政財界人や文化人が集まってサロンが開かれていたんだとか。当時の様子を写真などで忠実に再現されているんですよ。
入館料は200円ですが、お値段以上の価値があると思います!

白壁カフェ 花ごよみ(しらかべかふぇ はなごよみ)
営業時間:7:30~23:00(モーニング7:30~10:00)
定休日:無休

<店舗情報>
白壁カフェ花ごよみ
住所:名古屋市東区主税町4-72アーバニア主税町1F
電話:052-931-2346
営業時間:7:30~23:00(L.O.22:30)
駐車場:駐車場:太閤本店と共同で50台
定休日:なし
食べログ:https://tabelog.com/aichi/A2301/A230110/23001254/

※ この記事は2018年2月時点の情報です。

コメントを残す