『和ごはん とろろや』彩りランチが贅沢!種類と量も選べて麦飯お代わり無料!

スポンサーリンク



アラフィフ夫婦になると「エアコン温度差問題」は解決し、「食べたい店落差問題」が発生します。
さすがにこの年になると量が食べられなくなります。カフェのワンプレートや、色々なものが少しづつ並んだ軽いランチを食べたいのですが、夫はガッツリ食べたがる。
お昼食べに行くのが嫌だと思ってるようですが、「違うよ、あんたと行くのが嫌なんだよ。」と妻は密かに思ってたりするのですよ。

こちらの「とろろや」は、そんな問題も解決できる便利なお店なのです。
がっつり派もヘルシーライト派も満足できる「とろろや」はお子様メニューも充実でファミリーにもおススメのお店なのでした。

 

 

テーブルも広くてゆったり「とろろや守山小幡店」

今回は「守山小幡店」へ伺いました。
元町珈琲と駐車場が一緒になっているので、土日は駐車場が混み合っているようです。

お店の中は外から見たよりも広々として、待合室あります。
1時前に到着しましたが1組が待っており、後からも何組かお客が入ってきてました。

ずらりと並んだ招き猫たちは壮観。
「ネコナミンC」とかレトロ看板をパロディしたこちらのイラストには笑ってしまいました。
トイレも広くてきれい!

名前を記入して10分ほどで呼ばれました。広いので回転はよいようですよ。

ランチメニューは豊富

ランチのメニューは豊富。

「週替りランチ」が1,125円(税抜)~とかなりお値打ち。
(これは入口に置いてあった食品サンプルです)。

こちらが「6種の彩りランチ」
すべてのメニューに「とろろ汁と麦ごはん」がついてきます。

とろろ汁の種類と量が選べる!

このお店のとろろ汁は「大和芋」と「自然薯」を選べます。おススメは「自然薯」だそうですが、お値打ちに食べられるのは「大和芋」ですね。
また量もご飯1杯にちょうどいい「小盛」と、2杯~3杯食べられる「増量」が選べるのが嬉しいですね。しかも麦ご飯は「おかわり自由」!
これならガッツリはも満腹になりますね。

例えば「日替わりランチ」なら、大和芋小盛1,125円(税抜)~自然薯増量1,425円(税抜)まで、4種類から好みと量に合わせて選ぶことができるんです。

これなら3世代で出掛けても、それぞれに合わせて食べられますね。
小さなお子さんには「ベイビープレート287円(税抜)」「キッズプレート538円(税抜)」も用意されていますよ。

盛りだくさんの『花かこランチ』

今回は「花かごランチ」を「大和芋小盛」でオーダー。
テーブルにきたら豪華でびっくりです。

おそばは「温」か「冷」かを選べます。こちらは「温」。
少しづつですが、あれこれたくさん並んでいるのが嬉しいですよね。

麦めしととろろ汁です。大和芋は「千葉県産」、自然薯は「山口県産の黄金自然薯」を使っているそう。
とろろ汁は「鯖出汁」と、厳選した米と大豆で作った「伊豆味噌の味噌汁」でのばしてるそうです。
なるほど、味噌汁もだしがきいて絶品でした。

自然薯と大和芋のとろろ汁

左が「自然薯増量」で、右が「大和芋小盛」です。
小盛でも、麦めし1杯で十分な量でしたよ。夫は増量で2杯食べてました。

「自然薯」の方が以外とあっさり、「大和芋」の方がねばりがあってクセがあり甘味が強い感じがしました。

あれこれと細かな気遣いも心地よく

あれこれ細かな気遣いも行き届いており、気持ちの良いお店でした。
お茶もそれぞれのテーブルにポットが置かれているので気兼ねなくいただけます。
テーブルに「呼び出しボタン」もついているし、「無料wi-fi」まで完備。

そしてこちらの貼り紙がすごくないですか。
こうしてテーブルごとに目立つように貼られていると、気軽に相談ができて嬉しいですよね。

まとめ

この日は従業員の方は女性ばかりで、皆さんよく動き気持ちの良い接客をしていただけました。
食事だけではなく、接客も良いとまた行きたくなりますね。
栄のラシックにもお店があるようですが、「自然薯」のみとなるようです。

さて、アラフィフになると「エアコン温度差問題」がなぜ解決するんでしょう。
それは子が成長して家を出て部屋があくので、無理して同じ部屋にいる必要がなくなるからです(笑)。
せめて、良いお店をみつけて一緒においしいもの食べて仲良くしないとね。