6月30日は夏越の祓へ仙太郎「みなづき」を食べて厄払いを

スポンサーリンク



今日は一年の折り返し、夏越の祓(はらへ)です。
夏越の祓とは半年の穢れを落とし、残り半年の健康と厄払いを祈願する行事です。

 

 

氷といえば昔は夏は大変な貴重品でした。
宮中では山間の氷室に冬から保管した氷を6月に食べたそうです。

けれど庶民には氷なんて高値の花、そこで氷に見立てた和菓子を作ったのが水無月なんですね。
三角形の氷に見立たういろうに、厄払いの小豆をのせた「みなづき」。
商売上手な和菓子屋さんが考えたのでしょうね(笑)。

 

京都が発祥のようで、老舗の和菓子屋さんには6月30日だけ水無月を販売するお店もあるようですね。

 

小豆ハ魔滅(まめハまめ)、
こじゃれてます。

 

せっかくなので3種類を購入。
でも、やっぱり黒糖が大好き(笑)

 

夏越の祓へ
 「みなづき」(水無月)

書いて字の通り、水の無い六月。その昔(旧暦)は水が乾上がるほ程の日照りがつづく真夏の天候だったのであろう。今(新暦)では梅雨の真最中。
私共の丹波工場(製あん)の裏山には、氷室の跡地がある。その昔、冬の間に出来た氷を天然の氷室に枯草、雑木、藁等で覆い夏まで保存していた。ここが、謡曲「神吉の氷室」の舞台。
旧暦六月、夏のあつい盛りに氷を掘り出し宮中へと運び、夏の健康のため、氷のひとかけを食したという。しかし何といっても当時、夏の氷はあまりにも貴重品。庶民は口にすることはおろか、目にすることもできなかった。
そこで誕生したのが「みなづき」。氷の結晶に似せた三角のお菓子。台は外郎で氷をあらわし、上には小豆を散らして魔除けの意とした。
(豆が魔滅に通じる処からか?)
六月三十日、夏越の祓いの神事にちなんで、今なお京都の人が「みなづき」を食べるならわしには、このような歴史的背景がある。
「みなづき」を食べ、うっとおしい梅雨とわかれ、紙園噺子が聞こえるようになれば、京都はいよいよ本格的夏をむかえる。

コンコンチキチン♪
コンチキチ♪

仙太郎  直中 護
平成六年九月記

おいしいものを食べるだけで厄払いができるなんて、なんて素敵なんでしょう。

おいしくいただきました。

水無月 抹茶・白・黒/各226円/仙太郎/松坂屋名古屋店

仙太郎の看板商品「ご存知最中」です。
自慢の粒あんを最中にお好きに挟んでどうぞ。