明治ザ・チョコレート9月新発売こだわりチョコ4種食べてみました

スポンサーリンク



明治から2016年9月27日に新発売となった”THEchocolateザチョコレート”。
明治がこだわりまくった本物志向のチョコレートはビジュアル、テイストともにクールだったのでご紹介しちゃいます!

 

 

今回発売されたのは4種類。

「Bean to Bar」(カカオ豆の厳選からチョコレート製造までの一貫体制)を専門店以外で初めて実現させたという、こちらのこだわりのチョコレートは国際的な賞も獲得しています。

優れた食品、飲料品を認定する「iTQi(国際味覚審査機構)2016」において「力強い深み コンフォートビター」と「華やかな果実 エレガントビター」がSuperiorTasteAwarad(優秀味覚賞)を受賞しました。

また、国際的なチョコレート品評会である「InternationalChocolateAwards2016」では、ダーク部門にて、「華やかな果実味エレガントビター」がアメリカ&アジアパシフィックブロンズ賞を受賞しました。

NOSWEETNOLIFEをモットーとするわたし(自慢か?)。
冷蔵庫に明治の板チョコ「ブラック」を常備しております。

そうなのです、目まぐるしく新製品が入れ替わるチョコ業界で、わたしが最後にたどり着いたのが「maijiのブラックチョコ」!
そんな明治さんの自信作に期待が高まりますよね。

 

明治ザチョコレートおしゃれなビジュアル

高級チョコながら派手さはなくシンプルなデザインです。

 

華やかなデザインで目を引くよりもコンセプトが売りということでしょうね。
裏側ポケット口にはチョコへの深いこだわりが説明されています。
「MADE IN JAPAN」もお見逃しなく。

 

とは言え封を開けると内側はかなり凝ったデザイン!

 

3つ並んだチョコもそれぞれ個装の柄が違っています。

 

派手さは抑えていますがかなりおしゃれですよね。
チョコ表面も凝ったカッティングです。

 

それぞれ微妙にチョコの色も違っています。

 

カッティングの違いで食べ方まで楽しむこだわり

チョコ表面にはこんな感じでカットがはいっています。
カッティングで食べ方を変えることで味わいも変わるからなんです。

この凝ったカッティングにも見ためのインパクトだけでなくこだわりがあるのです。

 

出展;meiji THE Chocolate(明治 ザ・チョコレート) | 株式会社 明治

4種類のカッティングにこめた味わいへのこだわりがよくわかりますね。
ブロックごとに噛みしめて、一枚をより深く味わってみてくださいね。

 

力強い、深み。コンフォートビター

一番濃いチョコ色をしています。
カカオはなんと70%!!

明治の板チョコの他に、高級チョコが食べたいときには実は製菓用のチョコを食べているわたし(笑)
(製菓用のチョコって純度が高くてクオリティー高いんですよ、しかも包装は簡易包装なのでお値段はリーズナブル!)

その製菓用カカオマス(砂糖の入っていないチョコ)をほんのり甘くしたガツンとくる力強い味です。

まさに「大人の嗜むチョコ」ですね。

 

濃密な、深みと旨み。ヴェルヴェットミルク

かなり濃厚でなめらかな味です。
ガツンとくるカカオ味に濃密なミルクをブレンドした感じ。

ミルクチョコって味がボケるので普段食べない人なのですが、このミルク味には感動しました。個人的にこちらが一番のお勧めです。

 

華やかな、果実味。エレガントビター

う~ん。
普段は明治の板チョコ愛用している庶民派のわたしには果実の風味は感じられませんでした。
けれど、味は間違いなくおいしいです。

クセのある味わいなので好みがわかれるかもしれません。
このチョコが国際的な賞「iTQi」と「InternationalChocolateAwards2016」の2つを受賞しているので、本物志向の方が好む味でしょう。

迷ったらまずこちらを食べてみるとクオリティの高さがわかるかと思います。
カカオ70%でビター味、濃厚な味わいです。

 

優しく、香る。サニーミルク

カカオ54%で一番マイルドな味わいです。
濃厚なナッツ香はないため、さほどクセがなく食べやすいです。
マイルドといっても厳選されたカカオはコクのと深みのある味わいです。

 

まとめ

標準価格は一箱3枚入で220円(税抜)。
かなり濃厚なので1枚で十分満足感があります。

この値段でこのクオリティーのチョコを手軽にスーパーやコンビニで買えるなんてチョコ好きには嬉しいですよね。

このところ板チョコは注目株ですが、今後もクオリティーの高い商品を期待できそうですね。

お取り寄せなら1,900円以上で送料無料のロハコが便利ですよ。

新しいテイストははこちら↓