おいしい粕漬のお魚をいただける名古屋老舗の”鈴波”お取り寄せも

スポンサーリンク



鈴波で「鈴波定食」をいただいてきました。
平日でもいつも行列のできる人気のお店です。

 

 

こちらのお店は有名な「守口漬けの大和屋」さんの姉妹店です。
「守口漬け」ってご存知ですか?

ものすごく長くて細い大根を粕漬けにしたものです。
漬物屋さんの店頭に飾ってありますが、子供の頃は蛇がトグロ巻いてるようで苦手でした。(高いものなので一般的には食べられていないです。)
鈴波はそのおいしい粕漬けを使ってお魚を漬けているんです。

 

人気なのはおいしいのはお魚だけでないからでしょう。
漬物はもちろん、ご飯、しょうが、味噌汁、黒豆もどれも満足。
しょうが以外は店頭でも販売しています。

 

まずは黒豆が出てきます。
大きめのふっくらとした黒豆が5粒。
こちらの柚子の形の器もかわいい。

 

今日の鈴波定食のお魚はカレイです。
粕漬けなので焦げ目もおいしそう。
こちらの粕漬けは塩辛くなく、ほんのり甘いんです。

 

身はふっくらとやわらかくて絶品。
こちらを食べると他で粕漬けが食べられなくなります。

漬物屋ですから漬物ももちろんおいしい。
こちらも辛くはなく上品なお味。
茶色いのが守口漬けですね。
漬物は塩辛いとよく残してしまうのですがこちらではすべていただきます(笑)

 

お鉢は日替わり。
この日は糸昆布ですね。

 

お食事の途中に口直しの「梅ジュース」を持ってきてくれます。
ほんの一口ですがこれがまたおいしくて楽しみです。

食後までとっておくと氷が解けてしまうので
食後の楽しみにとっておくか、冷たいうちにいただくか迷うところ。
(一口グラスなので氷はすぐに解けてしまうのです)

 

基本はこちらの鈴波定食にお刺身やとろろ汁などがつきます。
日替わりのお魚の変わりに銀たらをチョイスできる「銀だら定食」も。

基本の「鈴波定食」で十分おなかいっぱいになります。
ご飯はおかわり自由。

以前お邪魔した時には小学生くらいの男の子が店員さんにお椀を差し出し、
「ご飯山盛りにしてね!!」
の元気な声が響き渡り、みなさんほっこりしていました。
お母さんは赤面してらっしゃいましたが、、、笑。

お値段も1,300円とお手ごろで、おいしいお魚が食べられるのは貴重ですね。
「セントレア のレストラン街はどこが美味しい?」と聞かれた時には
こちらの「鈴波」か「いろは食堂」をお勧めしてます。

粕漬けのお魚はお取り寄せもできます。
わたしも義実家へたまに送ってます、冷凍もできるので喜んでもらえます。
一つづつ丁寧にガーゼにくるんでからパッキングされているんですよ。

ホットシートを敷くと家でも上手に焼けます。
上手な焼き方もちゃんとわかりやすいレシピがはいっています。
お歳暮としても人気なんです。

鈴波本店
休  業  日   お正月三が日
営業時間   午前11時~午後2時30分(昼食)
午前10時~午後 6時