7月の仙太郎望月餅は塩味のきいた”枝豆大福”

スポンサーリンク




7月の仙太郎の望月餅は”枝豆大福”です。
つぶつぶ感の残った枝豆あんは塩味もきいてさっぱり夏の味。


 

望月餅は仙太郎で毎月15日に限定販売される大福です。
月ごとに季節にふさわしい大福がご奉仕価格の108円(税込)。

今月は枝豆大福です。
松坂屋名古屋店の仙太郎は13時~、数量も限定です。

 

枝豆大福だからは”枝豆あん”。
お店の厨房「直中房」で手作り、作りたてです。

 

江洲産羽二重餅を使ってもっちりやわらか。
ちょっぴり小ぶり。

毎月15日に販売される一年に一度しか味わえない貴重な大福。
毎月楽しみなんです。

 

f:id:juno1123:20160717004146j:plain
やわらかなお餅に粗めに砕いた枝豆がたっぷりと入っています。
枝豆の味がしっかりとします。
塩味もほどよくきいてさっぱり、白あんの甘さもほんのりと。

 

f:id:juno1123:20160717005041j:plain

望月餅
「もちづき餅」とは、「餅搗」と「望月」
即ち、十五夜の満月のことをかけあわせた言葉遊びです。
仙太郎・名古屋松坂屋店では、毎月十五日に日ごろのご愛顧にお応えするために、その月々に相応しい大福を作らせていただきます。
今月は「枝豆大福」。
江洲産羽二重餅を搗き上げて、枝豆あんを包みました。
名古屋松坂屋仙太郎直中房にて。
ご予約は承れませんので、店頭までお越し下さい。
八月十五日は「粟大福」。
ご期待ください。
仙太郎

来月は「粟大福」です。
赤福の来月の朔日餅は「八朔粟餅」ですよね。
どちらも楽しみです。

人気の月はすぐに完売してしまうのでお早めにどうぞ。

おいしくいただきました。

望月餅「枝豆大福」/108円(税込)/仙太郎/松坂屋名古屋店