足立音衛門の和栗がぎっしり詰まった”栗のタルト”をいただきました

AD

 

いつものごとくデパ地下を彷徨っているうちに、
足立音衛門で限定販売のミニタルトなるものを見つけちゃいました。

f:id:juno1123:20161029020634j:plain

AD

 

f:id:juno1123:20161029012037j:plain足立音衛門さんは2年前にニューアルした時からあったと思うのですが
こちらの1万円もする「栗のテリーヌ」の印象が強すぎて、
庶民には近寄りがたくスルーしてました。

f:id:juno1123:20161029012059j:plainこの日は通りすがりにふとショーケースを覗くと、
数量限定のお試しサイズが!!

これなら庶民にも買えますね。
神は食い意地のはった迷える羊をお見捨てにはならなかった(笑)

f:id:juno1123:20161029020435j:plain箱にかけられた和紙も素敵です。
紙袋もレトロな柄でキュートですね。

f:id:juno1123:20161029020555j:plain12cmほどの小さめサイズながら、栗がぎっしり並んでいます。
タルト生地も手作りですね。

AD


 
f:id:juno1123:20161029020733j:plain
タルト地というよりもパイ生地に近い感じ、軽めの食感です。
ちょっぴりイビつなタルト生地が、
一つづつ生地から丁寧に作られているのが伝わって素敵。

f:id:juno1123:20161029020924j:plain
カットすると栗がごろごろと入っています!噂どおりですね。

タルトってクドくなりがちですがクレーム・ダマンドも重たくはなくおいしいです。
見ての通りに半分以上が栗で贅沢な味わい。
周りのタルトも生地が薄く、パリッサクッとしててパイみたいでしょ。

f:id:juno1123:20161029021034j:plain小さめサイズながら満足感たっぷりです。
家族にも大好評でした。
さすが高級仏蘭西菓子店のクオリティーですね。

お遣い物にも重宝されている様子。
お会計を待つ間にもOLらしい方がメモを片手にまとめて購入されてましたよ。

f:id:juno1123:20161029024308j:plainお箱に巻かれたこちらの和紙もかなり凝ったものです。
リーフのモチーフがプリントではなくうっすらと重ねてあるんです。
箱をあける前からわくわくと期待が高まります。

f:id:juno1123:20161029023119j:plain
あらら、「ミニタルト」とあるけれど原材料にはやはり「パイ生地」とありますね。
ここまで書いてから気づきました(笑)

栗は韓国産。
お味とお値段を考えればそれでも十分すぎるほどにお買い得です。
他のお品も食べてみたいです。

楽天でも公式サイトからお取寄せできるようです。

自慢のパウンドケーキの初回お試しセットもあるんですね。

 

AD