赤福10月の朔日餅は栗をまるごと一つ包んだ「栗餅」

スポンサーリンク



ここのところ朝晩グッと涼しくなり秋を感じますね。
赤福10月の朔日餅は秋の味覚の栗が丸ごと入った「栗餅」です。

AD

 

秋らしい包み紙は「伊勢千代紙」は版画家の徳力富吉郎先生の作品です。

今日の宮中や江戸の大奥ではじまった千代紙は、やがて伊勢型紙によって友禅や小紋のうつくしい紋様を刷るまでに成熟しました。月ごとの朔日餅を、伊勢の文化「伊勢千代紙」でつつみ、あなた様ご一家の千代のご繁栄をお祈りします。

 

今月は珍しく餅米の形を残して包んでいます。
上には刻んだ栗がちょこんとのってかわいらしい。

 

こちらが品質表示。

 

しおりと楊枝が添えてあります。

 

つやつやとした餅米がおいしそうですよね。
そのままお米の形をを残しています。

 

中には豪華に栗あんに包んだ栗の甘露煮が入っています。
なんとも贅沢な栗づくし!!
もっちりとした餅米の食感と栗がおいしい。

 

栗餅
旧暦の九月九日(いまの十月)は、五節句の中で最も重要な重陽の節句。菊酒や栗飯を用意し不要長寿を祈る風習でした。
みなさまのご壮健を祈りながら栗餅をお届けいたします。

今月の栗餅は朔日餅の中でも一番お高いだけに豪華ですね。
餅米を形そのまま残した食感ももっちりと美味でした。
おいしくいただきました。

栗餅/6個入 930円/赤福

赤福はお取寄せができないのが残念ですよね。
こちらの栗抹茶大福もふわふわのお餅に濃い目の抹茶あんで絶品ですよ。