覚王山吉芋名物の”花火”は手が止まらなくなるおいしさです

スポンサーリンク



覚王山の吉芋(きちいも)の名物「花火」です。

細長くスライスしたさつまいもを菜種油でカラリと揚げ、自家製の蜜をからめた素朴なお菓子。
これが手が止まらなくなるおいしさなんです。

f:id:juno1123:20160925033019j:plain

 

スポンサーリンク

 

f:id:juno1123:20160925032944j:plain
本店は覚王山にあります。(松坂屋名古屋店の店舗で購入しています)
覚王山には老舗有名店が多く立ち並びますが、激戦エリアでも常にランキング上位にあがる「花火」。
そのポイントは老若男女誰もが好む素朴な味と手軽に味わえるリーズナブルな価格にあるのではないかと思います。

 

f:id:juno1123:20160925032957j:plainくるりと巻いた紙を剥がすと、ごく普通のフードパックが表れます。
名古屋らしい”見栄えよりも中身で勝負!”といったところしょうか。

 

f:id:juno1123:20160925033009j:plain極細に切ったさつまいもはカリッとしていますが、甘すぎない蜜がほどよくしなっとさせてくれています。触感がよいのでついつい止まらなくなっちゃいます。

 

f:id:juno1123:20160925033032j:plainこのつや感もたまりませんね。
さつまいもは季節によって一番おいしいさつまいもを使っているそうです。

 

f:id:juno1123:20160925031733j:plain冷凍もできるそうですが、いつもその日のうちになくなっちゃいます・・・。

 

f:id:juno1123:20160925033044j:plain
「甘藷」とはさつまいものことですね。
添加物など使っていません。

 

f:id:juno1123:20160925032932j:plain全国に出張販売もされているようですよ。
見つけたら是非買ってみてくださいね、絶対においしいですから。

おいしくいただきました。


花火
/600円/吉芋/松坂屋名古屋店