虎屋ういろの春限定の「桜餅ういろ」はまるで桜餅みたい!

スポンサーリンク



虎屋ういろに春限定の楽しいういろが売っていたんで買って帰りました。
その名も「桜餅ういろ」。

スポンサーリンク

 

はりこの虎の包装紙。

 

こちらを開けるとほら、桜餅でしょ。

 

桜葉ういろ・桜のもち米・こしあんういろの三層になっています。

 

f:id:juno1123:20170226024311j:plain
桜のもち米は道明寺粉ですよね。
そして緑のさくら葉ういろは塩気がきいていて、口に入れると桜餅を食べてる感じです。
甘さ控えめですけどね(笑)

 

f:id:juno1123:20170226024001j:plain
春らしい色合いがきれいです。

こちらのういろ、もっちりとしていて包丁では切り辛いですよね。
今回はういろの簡単な切り分け方を紹介してみますね。

 

今回はわかりやすいように派手な色を用意しましたが細い糸ならなんでもいいです。

 

そしたらこま結びをする要領で片方の糸にくぐらせます。

 

ういろのようにくっついてくる素材は包丁よりも綺麗に切れます。
羊羹やカステラもこの方法なら包丁なしでOKです。
覚えておくと何かの役にたつかもです(たたないかも)。

おいしくいただきました。

虎屋ういろ 桜餅ういろ/570円