老舗の土用餅菓子を食べ比べ 七條甘春堂・山中石川屋・美濃忠

スポンサーリンク



こちらのブログでも時折ご紹介している三越の”菓遊庵”。
「土用の丑の日」に因んで、老舗和菓子屋さんの餅菓子を集めたフェアをしていました。

 

スポンサーリンク

 

ちなみに”菓遊庵”とは三越各店の地下にて
全国の銘菓を取寄せて扱っているお店です。

地元愛知県の誇る老舗「美濃忠」のあんあん、
石川県の加賀温泉郷の「山中石川屋」の冷やしぜんざい
京都からは「七條甘春堂」の京白玉ぜんざい。
地元の美濃忠さん以外は初めて耳にします。

こちらの菓遊庵のお菓子でハズレたことがないので美味しいはずです。
、どうでしょう。

 

愛知県「美濃忠」のあんあん

美濃忠の「あんあん」です。
サイズは7cm弱と結構こぶり。

 

プルトップの缶詰になっています。
そのため賞味期限は半年くらい。

 

ギュッと詰まってましたのでお団子もくっついてしまってますね。
ビジュアル的によろしくないです(笑)

 

美濃忠さんのサイトからお借りしてきました。
白玉は3つ、あんは濃厚です。
白玉は缶詰の中でくっついてしまっているほどもちもちしてました。
あんころ餅をそのまま缶詰にした感じですね。
こしあんも上品でおいしい。
さすが美濃忠さんです。

 

1個280円(税抜)、賞味期限半年ほど。

 

石川県「山中石川屋」の冷やしぜんざい

加賀温泉郷の「山中石川屋」の冷やしぜんざい。
和紙の涼しげなパッケージです。

 

大き目の白玉が2つ入ってますね。
小豆の粒も大きめでしっかりとしています。

 

お皿に移してみると寒天ゼリーになっているんですね、涼しげです。

 

1個250円(税抜)、賞味期限は120日間。

 

京都「七條甘春堂」の京白玉ぜんざい

三十三間堂前の七條甘春堂京白玉ぜんざいです。

 

わりと大きめのしっかりとしたパック。

 

f:id:juno1123:20160805081616j:plain粒の大きな小豆ですね。

 

小さめの白玉が5つ。
さらっとしたぜんざいでさっぱりしてます。

量も2人分はあります。
白玉も冷やしても固くなっておらずやわらか。

 

1個500円(税抜)、 賞味期限は30日間。

 

まとめ

どちらも100年以上も地元で愛されてきた老舗だけあっておいしいです。
七條甘春堂さんの京白玉ぜんざいは、さらっとして口当たりがいいですね。
冷やしておいしく、暑い夏にぴったりです。

山中石川屋さんの冷やしぜんざいは寒天はひんやりと喉越しがいいのですが、
白玉がちょっと固め、、、。

地元びいきになりますが、美濃忠さんの白玉は缶詰とは思えないくらいもっちりとやわらかでおいしかったです。あんはもちろん間違いのない上品なお味。
半年持つなら非常食として手元に置きたいくらい(笑)

気軽に全国の老舗の味を食べ比べできるのは嬉しいですね。
おいしくいただきました。

美濃忠義さんの「雪花の舞」はほろりとした口どけに驚かされます。