甘いだけじゃない!レニエのケーキビュッフェは軽食も充実で大満足

スポンサーリンク



レニエ ル・カフェ ブールジョン(レニエ ル・カフェ ブールジョン)で春から秋に毎月2日だけケーキビュッフェが開催されます。
以前より気になっていたのですがなかなかタイミングが合わず、今回念願の参加です。

 

ケーキビュッフェの開催日時、料金、予約方法

レニエのケーキビュッフェの開催日時、予約方法、料金をご案内します。

開催日

レニエのケーキビュッフェは春から秋の月2日限定で行われます。
開催日は月の第1週or2週の木・金の2日間でレニエのフェイスブックにて告知があります。

開催時間

1日2部制です。

  • 午前の部 11時30分~
  • 午後の部 13時~

予約方法

店頭のみで予約が可能です。
予約時に支払いを済ませレシートを受けております。
そのレシートが予約チケット代わりになります。

時間制限

時間制限は60分です
(午後の部は60分でケーキなどは片付けますが席にはそのままいられるようです。)

ケーキビュッフェ料金

2,160円(税込)

予約の方法

店頭でのみ予約を受け付けています。
予約時に支払いを済ませ、予約チケットのレシートを渡されるので大事にとっておきましょう。

キャンセル

キャンセル不可

待つのが嫌なら午前の部がおススメ

午後の部でも、すべてをセッティングし直してスタートしてくれますので不利はありません。
午前は開始10分前から受付を開始、午後からはセッティングに時間がかかるので開始時間が若干遅れるようです。
待つのが嫌で時間通りに帰りたいなら午前中のご予約をお勧めします。
雨がパラつく中、中庭で待機。
順番に受付を済ませますが、結構時間かかりました。
受付時にドリンクをオーダーします。
1ドリンクで追加は実費。

  • コーヒー(hot/cold)
  • 紅茶(hot/cold)
  • オレンジジュース

 

こちらの会場がまもなく戦場と化します(笑)

待つ間は「写真をどうぞ。」と勧められるので写真も撮り放題です(笑)

飾りつけが綺麗です。
午後からでもすべて入替てくれるので不利はないですね。
どんどん補充されますが、右前の桜モンブラン、左のショコラケーキ、ブリュレの補充はなかったようです。

カナッペやキッシュ、シュトーレンなどの軽食も充実しているのがすごいところ。

 

テーブルサーブのスープやアイス、ガレットも

ケーキやカナッペなどは好きなモノを好きなだけ、自分でテーブルに運んで食べますが、ドリンクの他に4点をテーブルまで運んでくれます。
温かいものは温かいまま、冷たいものは冷たいまま、忘れずに味わいましょう。

席に案内されるとまずはスープが運ばれてきます。
今回はキャベツとブロッコリーのスープ。
すべての人が席についてから一斉スタートになります。

中盤になるとこちらのクロックムッシュを運んでくれます。
チーズたっぷりでうまうま!

次は手前のそば粉のガレットを持ってきてくれます。
そば粉のガレットはレニエのランチの人気メニューなんですよ。

最後はストロベリーとココナッツのソフトクリーム。
お口がサッパリとします。

 

食べ切れないほどの種類豊富なケーキ

立体的に豪華に飾られたケーキたちにモチベーションが上がります。
全部食べたいところですが、ミニサイズとは言えとても食べきれないほどのバラエティ豊かなケーキたち。
いただいたケーキをご紹介しましょう。

ミルフィーユ(奥)、ピスタチオ、レアチーズケーキ、中津川モンブランのミニ。
中津川モンブランは看板商品だけあって絶品です。
けれど感動したのはミルフィーユで、焼き過ぎなくらいしっかりと焼いてあってサックサク!!

珈琲ゼリー、苺ゼリー、手前の季節のショートケーキはふわふわで絶品です。
ムース・ゼリー系は元々さほど好きじゃないせいかイマイチ。

最初の一皿。ピスタチオについているストロベリーチョコが食べたくてもう一度。
手前の濃厚チョコスクエアの飾りのチョコもおしゃれです。
となりのチョコはムース系なので・・・。
手前のミニマカロンもおいしいけど普通サイズのようがサクッとする気がする。

こちらも食べそこないました。
またリベンジしなくては。

 

カナッペにキッシュと軽食メニューもたっぷり

スタートすぐはケーキは人だかりで近寄れなかったのでカナッペとキッシュをゲッツ。
キッシュはまだほんのり温かくてうまうま。

ごぼうにゴロゴロベーコン、ねぎのタルトなしキッシュ。
陶器にいれて焼いているせいかふっわふわでおすすめ。
というかキッシュおいしすぎ。

最後はサーモンとポテトのカナッペをいただきました。
写真を撮りそこねましたがシュトーレンもかなりのおいしさでした。
わたしの好みのスパイスがバッチリときいたブラウンのシュトーレンです。

 

甘い好きじゃなくてもおススメしたい

温かい焼き立てキッシュにバラエティに富んだカナッペにパン。
「そんなに甘いものばかりはたべられないよ。」なんて方でも十分に楽しめる内容だと思います。

 

まとめ

甘いケーキの次はカナッペにキッシュ、また甘いケーキ。
もう無限ループの誘惑で食べ過ぎてしまいました。
苦しいほど食べましたが全種類の半分も制覇してないと思います。

店頭のみの予約、キャンセル不可などハードルは高いケーキビュッフェですが、お店では「イベント」とされているようにかなりお得感があると感じました。
クオリティーが高いのでさほどガッツリと食べなくても2,160円の元は十分に取れますね。

 

公共機関の交通アクセス

場所的には車が一番便利です。
駐車場スペースも用意されていますが、カフェ前の駐車場は狭いので3分ほど歩いた奥の駐車場を案内されます。

今回は地下鉄で行きましたが、「中小田井」からよりも「庄内緑地公園」の駅で降りた方が広い通りを1度右折するだけなのでわかりやすいと思います。
1番出口を出てからリンガーハットを目指して直進、カラオケ屋さんのある交差点を右折してまっすぐに歩き、つきあたりの右側です。
歩いて10分くらいかな。距離的には中小田井駅からとかわらないと思います。

レニエケーキビュッフェ
開始時間  11時半~/13時~
制限時間  60分
料  金  2,160円(税込)
1ドリンク制(追加でオーダー可)

ホテルのスィーツビュッフェならこちら八事サーウィンストンホテルが一押し!
ケーキはもちろん、珈琲やオリジナルティーもホテルクオリティ、フライドポテト、フルーツ、ポップコーン、和菓子など盛りだくさんのケーキバイキングです。
ロケーションは地下鉄八事駅から直通でアクセスも抜群!
現在は人魚姫をイメージしたサマーオリジナルスィーツを揃えてお迎えしてくれます。