栗がまるごと入った仙太郎のぷっくり”渋栗焼きまんぢう”

スポンサーリンク



渋栗まるごと包んでぷっくりと太った
仙太郎の「渋栗まんぢう」です。

f:id:juno1123:20161027034626j:plain

 

スポンサーリンク

 

f:id:juno1123:20161027033533j:plain照りのきいた色がおいしそうですよね。

 

f:id:juno1123:20161027033540j:plainお尻にまぶしたのは芥子の実かと思ったら「焼味甚粉」だそうな。
こちらは香ばしさを出すのにまぶすものだけれど、普通は芥子の実を使うものじゃないのかしら?

「焼味甚粉」とは、濡米を蒸して搗きあげ煎餅のように焼いたものを砕いたものだそう。
もしかして国産のけしの実が手に入らないためなのかしらと、国産素材にこだわる仙太郎さんだけにいらぬ憶測をしてしまうのでありました。

 
f:id:juno1123:20161027034626j:plain渋栗は素材をいかして余分な甘みをいれていません。
白あんの上品な甘さで栗の味もひきたちます。

 

f:id:juno1123:20161027033934j:plainこちらは個装で多少の日持ちがするのでおもたせにもいいですね。

 

f:id:juno1123:20161027033547j:plainこちらも添加物はいっさいなし。
賞味期限は購入日もいれて6日間です。

見た目は素朴な焼きまんじゅうですよね。
中身はやわらかなあんこではなく、お土産モノのような黄身あんかと思い込んでいたので嬉しいサプライズでした。

白あんにまるごと栗はとっても贅沢なお味でしたよ。
おいしくいただきました。

焼 栗まんぢう/302円/仙太郎/松坂屋名古屋店

黄身あんを使った名古屋名物「かえるまんじゅう」です。
かえるの形をしていてかわいらしんですよ。
小さなお子さんのいらっしゃるお宅へのおもたせに使わせてもらっています。