栄六行亭本店の「おこわ六行御膳」あれもこれも少しづつが嬉しい

スポンサーリンク



栄の六行亭(ろくぎょうてい)本店で「おこわ六行御膳」をいただいてきました。
マダムに大人気の秘密は、あれもこれも少しづつ、おいしくいただけるところですね。

 

 

六行亭さんは魚の粕漬けで有名な「鈴波」さんの姉妹店です。
もちもちとしたおこわと、名古屋コーチンを使った料理が看板商品のお店。

場所は鈴波本店さんの横で、栄の真ん中でも少し静かな場所にあります。
お昼時には平日でもマダムたちの行列。

テーブルが6つくらいのこじんまりとしたお店です。
買い物ついでのお1人様も多いので、気軽に入れますよ。

今日はこちらの「おこわ六行御膳」をいただきました。

お品書きはこの10種類

  • 田楽豆腐
  • 煮物
  • サラダと牛肉しぐれ煮
  • 鶏唐揚げの粕酢あえ
  • 季節のごま豆腐あんかけ
  • おこわ
  • 椀物(海老真丈)
  • お漬物
  • デザート
  • お口直し(梅酢ジュース)

まずおこわは五目御飯。
つやがあって、すごくもちもちとしておいしいんです。

鶏唐揚げの粕酢つけ、つまりは南蛮漬けですね。
粕の味は感じませんでしたね。

野菜の煮物。

ポテトサラダ、厚焼き卵、牛肉しぐれ。
どれもおいしいです。

名古屋名物の赤みそ田楽、これは嬉しい。

海老真丈の椀、やさしい味です。
隣はお口直しの梅酢ジュース。

こちらも姉妹店の「大和屋」さんの漬物ですね。

そして〆にはわらび餅。
これだけ食べられて1,300円でお釣りがくるとは嬉しいですね。
六行亭のエスカ店では親子丼が食べられるそうですよ。

「鈴波」「大和屋」の姉妹店と並んで、おいしい和食がリーズナブルなお値段で食べられる貴重なお店です。
どちらもお昼時には混んでいますが、どちらのお店で何を食べてもおいしいお勧めのお店です。

鈴波の粕漬け定食はこちらから↓

鈴波のお店の粕漬けのお取寄せは、名古屋でお中元やお歳暮の定番です。
一枚づつガーゼに丁寧に包んだ粕漬けは、一度食べると他の粕漬けが食べられません。