桜とよもぎで春を味わう仙太郎の”桜と蓬のもちひ”をいただきました

スポンサーリンク



白の求肥にうっすらとピンクがはいったが桜とよもぎの深い緑が映える「桜と蓬のもちひ」です。
桜の塩漬けをそえて色合いが美しい。

 

 

桜味は思ったよりも塩味がしっかりとして桜の葉の風味がふんわりと口に広がります。
蓬は少し口に残るくらいの甘くしていない小豆が入っていて、蓬が香りやさしく素朴な味わいです。
もっちりやわらかで上品な口当たり。

木箱に入っているのでちょっとしたお遣いものにもいいですね。
こぶりで2人~3人分くらい入っています。

おいしくいただきました。

桜と蓬のもちひ /648円 /仙太郎/ 松坂屋名古屋店

仙太郎の自慢のつぶあんをパリパリの最中皮にお好きなだけ詰めて食べられます。
看板商品の「お好きにご存じ最中」も一度味わってみてくださいね。