名古屋三越にオープン!「甘処いまゐ」で天然かき氷&抹茶パフェ

スポンサーリンク



9月末に名古屋三越の地下が大きくリニューアルしましたね。
東海地方初上陸の有名店もたくさんオープンしてワクワクしちゃいます!
また、地元のお店もいくつかオープンして嬉しい限り。

今回は気になっていた、新規オープンの和カフェ「甘処いまゐ」へ行ってきました。

  • 創業200余年 京都老舗『井六園』のお抹茶
  • 吉野本葛『天極堂』の葛きり
  • 開田高原蕎麦『霧しな』のお蕎麦

この3つの老舗の味を名古屋で味わえる、セレクトショップだそうですよ。

 

 

井六園のお抹茶を使った”大人の抹茶パフェ”。
そして、信州上高地の天然氷を使用した”黒糖きな粉 しるこ 白玉添えをいただいてきました。

大人の抹茶パフェ/1,080円

なんとも上品なパフェですよね。
グラスに詰め込まれたオブジェの作品のようです。

トップはこんな感じ。
抹茶が粉雪が降り積もっています。

「もったいないわぁ」と言いながらスプーンを入れると、粉雪が積もっていたのはお煎餅でした。
上から抹茶のアイスクリームがのぞいています。

中身は上から、

  • 生クリーム
  • 抹茶アイスクリーム
  • あんこ
  • 白玉
  • 寒天
  • 米菓子

一番下の米菓子、なんだかほっこりと懐かしい。

どれも上品なお味で甘さはかなり抑えられていました。
ぶっちゃけて言えばサッパリしすぎて味にメリハリがない。

ビジュアル的にはインパクトがあり、インスタ映えは最高ですけどね。

黒糖きな粉 しるこ 白玉添え/1,296円

おいしそうなきな粉の色に、こしあんをどっしりとのっけています。
こちらのお店では一年中かき氷が食べられるそうですよ。

天然氷というだけあって、氷がサックリとしててすごくおいしそうです。

ぷるんとした白玉が3つ。
こしあんはなめらか上品な甘さ。

天然氷は口解けもよくてやさしい味わいだけれど、氷の良さを引き立たせるためかやっぱりこちらもサッパリしすぎ。
きな粉が味わえず水っぽいです。
上品すぎて、庶民のわたしの口に合わないのかも

辛口ついでに言わせていただくと、かき氷には熱いお茶をつけていただけると嬉しいです。
「和カフェ」なのだし、パフェにもお茶の方が合うと思うんですけどね。

店内は奥にもスペースがあり、結構広々としています。

さいごに

辛口になってしまいましたが、お味は上品で十分においしいです。
次には看板商品の”わらびます”をいただきたいですね。
ヒノキの升に入っているので、ほんのりとヒノキが香るそうですよ。

吉野本葛『天極堂』の葛きりを使った”くずきり”は、注文してから出来たてを出していただけます。

 

開田高原蕎麦『霧しな』のお蕎麦も、あれこれメニューが揃っています。

お一人様でも気軽に入れる雰囲気なので、買い物ついでに是非どうぞ。

リニューアルで、ピエール・エルメ・パリもオープンしました。
東海地区初出店だそうですよ。
今年のバレンタインでお初でいただきましたが、今までの”マカロンは何だったの?”ってくらいにおいしくて木になってます!


ピエール・エルメ・パリ