名古屋ファーマーズマーケットと矢場地蔵を散策

スポンサーリンク

 

名古屋ファーマーズマーケットが大須近くの矢場地蔵にて

毎週土曜日に開催されています。

f:id:juno1123:20160618231904j:plain

AD

 

大須から栄へ向かう途中ですが

大津通りを歩くていくと参道への間口が狭く、わかり辛い。

f:id:juno1123:20160618232933j:plain

こんな看板がさり気に立ててありますが

栄から大須へ向かう人にしか見えません。

大須商店街を出たら横断歩道を渡り、

栄へ向かっていくとセブンイレブンとココ壱番の間にあります。

f:id:juno1123:20160618234450p:plain

こんな風に参道横でお店を開いています。

ちょうど向かい側はマクドナルドですね。

この日はお米、野菜、パンが並んでいました。

毎週3軒のお店が開いてます。

野菜は毎週並んでますが、他2軒は変わったりします。

f:id:juno1123:20160618232926j:plain

大根、ニラ、ねぎ、ブロッコリー、キャベツ。

f:id:juno1123:20160618235244j:plain

ミニトマトにきゅうり、ほとんどは一袋100円。

f:id:juno1123:20160618231904j:plain

朝取りの完熟トマトは80円。

どれも新鮮でおいしいです。

f:id:juno1123:20160618235427j:plain

パン屋さん。

まだ始まったばかりでたくさん種類が並んでいました。

f:id:juno1123:20160618235442j:plain

どれもおいしそう。

パンドールさんといって岐阜の地元では人気の庶民派パン屋さんです。

f:id:juno1123:20160619000200j:plain

お豆パンにデニッシュパン、どれも1個130円とリーズナブル。

f:id:juno1123:20160619000241j:plain

食パンも1斤半で240円~とお安いです。

この後、用事があったので次のチャンスには買います。

パンは持ち歩くと潰れちゃう。

さて、参道をさらに奥に入ってみます。

奥まで行くのは初めてですが、お寺になっていたとは(笑)。

よく通る道なのに知らないものですね。

f:id:juno1123:20160619001327j:plain

門をくぐります。

反対側の久屋通りまで通り抜けできるみたいです。

f:id:juno1123:20160619001411j:plain

くぐると左になんとも風情のあるお店が。

f:id:juno1123:20160619001810j:plain

なんとネイルサロンでした。

この意外性がおしゃれですねぇ。

f:id:juno1123:20160619001918j:plain

立派なお堂です。

f:id:juno1123:20160619001954j:plain

かわらいらしいお地蔵様は水子地蔵。

f:id:juno1123:20160619002228j:plain

延命子育地蔵。

延命子育地蔵”って始めて聞きましたが身代わり地蔵のようですね。

f:id:juno1123:20160619002916j:plain

さらに奥へと進むと

なんともソソられる味わい深い民家のお店が。。。。

この感じ、大好きです!!

f:id:juno1123:20160619001545j:plain

なんと食べ物屋さん!

名古屋ナポリタンって、、、ゴクリ。

このお店で食べるおばんざいは、さらにおいしそう。

I’ll be back!!

とシュワちゃん風に心で呟き、さらに奥へ。

f:id:juno1123:20160619001527j:plain

久屋通りの手前にありました。

「矢場地蔵」

”ジャンボ延命大菩薩像”と呼ばれるそうです。

こちらのお地蔵様は尾張六地蔵霊場の第二番として

神仏の霊験あらたかな場所とのこと。

こんな有難い場所が近くあったとは。

サイズは高さ5メートル重さ35トン。

わたしの3倍の高さですね。

f:id:juno1123:20160619001417j:plain

久屋通り側からの入り口はとても立派な門になっています。

こちらが正門のようですね。

お寺は「清浄寺」、歴史を感じます。

周囲が大須・栄という街中にありがながら

喧騒から切り離されたような静かで凛とした空気に包まれた空間でした。

大須や栄を訪れた際にはお参りに寄ってみてくださいね。

名古屋ファーマーズマーケット/毎週土曜日14時~17時

*野菜はファンが多いので早くに売れてしまいます。