名古屋の誇る名店芳光さんの”わらび餅”はとろけるような口どけ

スポンサーリンク



名古屋の和菓子の名店”芳光”のわらび餅をいただきました。

 

 

こちらのわらび餅は名古屋三越で購入しました。
日本のお菓子の名品を集めた「遊菓庵」で毎週木曜日に限定販売しています。

全国の銘菓 菓遊庵 | 三越 店舗情報

こちらでは全国の名店のお菓子を地元三越で購入できます。
全国の三越にありますので、行かれた際には是非よってくださいね。
思わぬお菓子との出会いがあるかもです。

さて、芳光さんに戻ります。

 

芳光の「生菓子詰合わせ」

わらび餅4個+季節の和菓子2個の組み合わせになっています。
お値段は1,770円(税込)。

憧れの「宇宙一おいしいわらび餅」との対面です。
「宇宙一おいしい」とは故川島直美さんが某番組でおっしゃったとか。

名古屋は昔から茶道が盛んで独特の和菓子文化があるそうです。
これは「今でしょ」の林先生がおっしゃっておりました。

 

芳光のわらび餅

このぷるぷる感。
画像で伝わっているでしょうか。
上質のきな粉の香ばしい香りが漂います。

 

わらびはとろんととろみがあります。
中のあんもやわらか、食べると口の中でとろけます。

おまんじゅうなのに?

本当ですよ。

食べてみてください。

 

あじさい

季節の和菓子①。あじさいですね、和菓子の名前はわかりませんが。。。
きれいなグリーンにブルーとピンクの寒天を添えて。
食べるのがもったいなくらいです。

 

中はやわらかな白あんです。
ほどよい甘さで上品なお味です。

 

清風

季節の和菓子②の清風。寒天を茶巾絞りにして、こしあんと緑のあんがうっすらと透けます。
名の通りに涼しげな和菓子です。

 

こちらも口どけよくとろけるような食感。

 

日持ちは同日中です。

 

芳光のわらび餅は10月~6月の限定品

ただし、残念ながらこちらの「わらび餅」は10月~6月」までの限定品です。

通常はわらび餅は夏の季節モノだと思うのですが夏は品質と味を保つのが難しいため看板商品でも作らない!との徹底ぶり。
老舗の貫禄ですね。
そのため名古屋三越でも7月~9月は取り扱いが休止となります。

芳光さんでは先代孝光氏の時代から「日持ちは考えず、口どけのよい和菓子を」を信念にされていらっしゃるとか。
日持ちがした方がお店には都合がいいと思うのですけどね。
この心意気が全国的にも有名な「わらび餅」に繋がったのでしょうね。

 

お店まで伺えば、もっと色々な和菓子たちが待っていますよ。
わらび餅は売り切れることも多いのでお店へ伺う前に電話をいれると取っておいてくれるそうですよ。

芳 光
営業時間    午前9時~午後6時
定  休  日   日曜日・年始(元旦~3日)
駐車場は店舗横にあり

芳光さんのわらび餅を名古屋のデパートで確実に手に入れる方法はこちら↓

老舗名店芳光の究極のわらび餅を名古屋デパ地下で確実に入手する方法