口どけやわらかな羽二重餅 稲沢”松屋長春”予約1ヶ月待

スポンサーリンク



丸栄で1時間並び、限定50箱の羽二重餅を手に入れてきました。
手に持つとすぐにくたぁ~と形が崩れるやわらかさに感動です。

 

 

丸栄で3日間の限定販売、限定50個お1人様1箱限り。
1箱は5個入りで1,350円也。

”京菓子司 松屋長春”の羽二重餅は地方発送はしておらず
予約をして稲沢のお店まで取りに行かなければ手に入らないと言う入手困難な1品です。
しかもお店の当日販売は一日5箱のみなんですよ。
これはもう並ぶしかないでしょう。

やわらかい御菓子です。
傾けないよう、まっすぐ水平に取り出してください。

と注意書きがあります。

のし紙はきれいな紫陽花。
季節ごとに変わるのでしょうね。
細かな心遣いです。

ふたをあけるとこんな感じ。

添加物はなし。
このやわらかさはどのようにして作られるのでしょうね。

手に取ると思ったよりもずっしり。
やわらかいので持つだけですぐに形が崩れてしまいます、下にひいた透明のラップごと持ち上げましょう。

まっすぐ水平に・・・の注意書きに納得。
「持っただけでおいしそう~。」と娘。

中身の粒あんはやわらかめ、なめらかな口あたりです。
今まで食べた羽二重餅はなんだったんだ?笑

地方発送をしない訳が納得です。
添加物もいれないでこれだけのやわらかさ。
翌日ではとろけるようなこのやわらかさが損なわれてしまいますね。

お値段は高めの270円ですが少し大きめです。
チャンスがあれば一度は食べてみていただきたいお品です。

並んびながら聞いたお話によると店頭では”こしあん”の羽二重餅も販売しているようで、
こちらは予約がなくても買えるようです。
こしあんの羽二重餅もまた絶品とか。
値段は粒あんよりちょっとお高いようです。

ご馳走さまでした。
今度はいつ食べれるのでしょうか。

羽二重餅/270円/京菓子司 松屋長春

↓入手方法はこちらのサイトで確認できます。

究極のやわらかさ「松屋長春の羽二重餅」を予約で手に入れる方法