半田「蔵のまち」でおばんざい食べ放題の魚太郎ランチをいただく

スポンサーリンク



半田の魚太郎蔵のまち店でランチしてきました。
古い黒壁の蔵が並ぶ、ゆったりと流れる半田運河沿いにあります。

すぐ近くにはMIZUKAN MUSEUM、国盛 酒の文化館、旧中埜半六邸などがあり散策もできます。
もう少し頑張って歩けばレンガ造りのビール工場跡、赤レンガもあり、レトロな建物好きいはおススメのスポットです!

半田 ビール工場跡「赤レンガ」

 

魚太郎蔵の町店は、そんな街並みにしっくりくるように黒壁のレトロな佇まい。
この日は開店ともに着きましたが、もうお店の中に人が待っていました。

メイン+お惣菜バイキングのスタイル

ランチは一律1,580円(税込)。
メインの料理を一つ選び、お惣菜のバイキングがついてきます。
お惣菜だけでなく、デザートやドリンクなども食べ放題です。

メニューだけに目を奪われず、こちらもちゃんとチェック。
刺身定食、海鮮丼、煮魚、焼き魚メニューのその日の素材もちゃんとお知らせがあります。

素朴なお惣菜にうしお汁

席に着いてオーダーを済ませたら、メイン料理が出てくるまでお惣菜をいただきましょう。
かぼちゃの煮物、切干大根、ひじき、卵焼きなど素朴な和食のおばんざいが並んでいます。

味は家庭料理の味でおいしいです。

いわしの甘露煮は売店にも並んでましたが骨までやわらかい。

手前が鶏団子スープ、奥がうしお汁。
両方ともとってもおいしくて感激!

メインの海鮮丼

さて、まずは海鮮丼です。
バイキングにご飯があるためか、ご飯は少なめでちょうどよかったです。
お刺身は新鮮!

メインの天丼

こちらは天丼。
ビックサイズの海老と穴子です。
大きな海老は食べ応えあり。

酢ドリンクバー

ドリンクバーには「酢ドリンク」コーナー。
目の前がMIMミツカンミュージアムですからね。
5倍のお水で薄めていただきます。

左からざくろ・リンゴ酢レモン・ぶどう&ブルーベリーミックス・まろやかりんご酢。
まろかやリンゴ酢が一番飲みやすくてサッパリしてました。
(もちろん他にもドリンクはあります。)

デザートもちゃんとあります。
オレンジと抹茶ゼリー、フルーツミックス。
ホット珈琲も飲めます。

掘りごたつ席でゆったりと

店内は手前はテーブル席ですが、奥はお座敷で掘りごたつになっています。
奥に案内されましたが広々としていて静かです。
ちゃんと料理を取りに行くためにスリッパも用意されていて、嬉しい心遣いですね。

近くの散策も楽しい

魚太郎の横には散策用の駐車場もあります。
目の前がミツカンミュージアムで、魚太郎でいただいた「まろやかりんご酢」を売店で買って帰りました。
気に入ったので近くのお店でも買って毎日飲んでますよ。

ミツカンミュージアムは「ミツカンの酢づくりの歴史や、食文化の魅力にふれ、楽しみ学べる体験型博物館」です。
予約をすれば館内を体験学習できますが、この日はふらっと来たので残念ながら満席で博物館には入れませんでした。

行かれるなら是非予約してくださいね。
http://www.mizkan.co.jp/mim/about.html

他には、歩いて5分ほどのところに国盛「酒の文化館」があります。
こちらも100年ほどの歴史ある酒蔵で見学することができます。

要予約ですが混んでいなければ入れるようで、入れていただきました。
情緒ある建物を見て回り、お酒の試飲もさせていただきました。

魚太郎蔵のまち店は予約もできます

入る時には15分ほど待ったでしょうか。
けれど帰りにはお店の前はかなりの人だかりでした。

お店の方に予約ができるか聞いてみました。
平日の開店11時~11時半の間のみ予約を受け付けているそうです。
*ただし人数は9人まで。

お惣菜があれこれ食べられておいしかったです。
さすが魚太郎さん、うしお汁は絶品でした。
ご馳走さまです。