仙太郎の本物本がえし”本わらび餅”の本がえしとは??

<center>スポンサーリンク</center>
<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– おいしいスマホ記事上 –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-7275880565034357″
data-ad-slot=”4403946621″
data-ad-format=”auto”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>
<p> </p>仙太郎の本わらびで作った”わらび餅”をいただきました。
国内産の極上のわらび粉を使って丁寧に作った一品です。

 スポンサーリンク




ぷるんとしたわらび餅につやのあるこしあんが詰まっています。
粉雪のようなきなこは黒豆きな粉。
なめらかな口あたりはこの季節にぴったりですね。

暑い日には冷蔵庫で冷やして食べたくなりますが、本わらび粉を使ったわらび餅は冷蔵庫は固くなってしまうので厳禁です。常温で保存してその日のうちにいただきましょうね。

 

「本物「本がえし 本わらび餅」、”本”が3つもついています。

さて、”本返し”とは何でしょう?
それはわらび粉の作り方の違いのようです。

わらび粉を水に溶き鍋にいれて火にかけて仕上げます。
この後、鍋で練り上げて仕上げるのが「本返し」
鍋であら火をいれた後で蒸し上げるのが「半返し」

練り上げているので本返しの方が手間がかかっているそうです。

おいしくいただきました。

本わらび餅/324円/仙太郎/松坂屋名古屋店