仙太郎『おしたけさん』火の神様へ感謝をささげる和菓子

スポンサーリンク



仙太郎の『おしたけさん』をいただきました。
『おしたけさん』とは、十一月中に京都の諸神社で行われる火祭りのこと。火に感謝を捧げ、家運隆盛や商売繁盛を祈る神事にお供えする「お火焚饅頭」がこちらの『おしたけさん』なんだそうですよ。

 

お火焚饅頭は本来「紅白まんじゅう」だそうですが、仙太郎さんは着色料は使いません。
そのため渋小豆の「褐色」の粒あんと、小麦粉の「生成」の色をしたこしあん。


せめて紅白に見えるようとの心遣いか、粒あんは赤のラップで包んであります。

『おしたけさん』お供え物、新穀でつくったおこしとみかんと一緒にお店に飾ってありました。

お饅頭の焼印は「お玉」、火の象形文字だとか。
なんだか”笑っている顔”に見えますよね。

左が粒あん、右がこしあん。
ちょっと固めの皮に包まれ、どこか懐かしい素朴なお味。

あんはぽってりとしています。

しおりです。

 京都では、お火焚の事を、おしたけさんと言い慣わす。寒さに向かって、「火」を大切に想う神事である。即ち、十一月中に、京都の諸社で行われる火祭りで、鍛冶、鋳物師が、鞴(ふいご)祭りとして行う。伏見稲荷のお火焚は、十一月八日。藍染屋が行う合い愛染お火焚は二十六日。風呂屋、湯熨屋、練物屋が行う不動尊お火焚は二十八日。この頃には著名な神社ばかりではなく、近くのおいなりさんで、又、町内の小さな祠でのおしたけさん、火を扱う商屋、民家での夫々のおしたけさん。火に感謝し、家運隆盛、商売繁盛を祈る。又、この日を炬燵、火鉢を出し、冬仕度をする区切りの日ともする。

新穀の小豆でつくった小判型のこし餡と粒餡のおまんぢう。くっきりとお玉の印が焼かれ、その時のお盛りもの(お供え)の代表である。
又、他に新穀でつくったおこし、まだ青味ののこっているおみかん、いづれも農作物に感謝して、おいしくいたあく。

又、このみかんを竹か鉄の串にさして焼いてたべると、寒さに向かっても、かぜをひかないといわれるのは果たして?
とにかく甘ずっぱい熱いみかんちうのも美味である。

火を畏れ、火を大切に思わねばならぬ候。
うまし物。お火焚饅頭。

仙太郎 直中 護
平成三年十月記

おいしくいただきました。

おしたけさん/172円(税込)/仙太郎

仙太郎でお取り寄せできる和菓子はこちら。