久々に買って帰った伊勢の名物「赤福餅」は真心込めて包んでありました

スポンサーリンク



久々に赤福餅を買って帰りました。

伊勢志摩サミットの影響で伊勢神宮がクローズアップされて、TVで赤福を見るようになったので
主人や娘が「たまには朔日餅じゃなくて赤福餅買ってきて。」っとなった訳です。

 

スポンサーリンク

 

実はわたしは松坂屋の赤福茶屋で骨休めしてこっそり食べてるんですけどね(笑)

こちらは2個盆 200円(税込)

 

  • 赤福氷(夏季のみ)   520円(税込)
  • 抹茶          260円(税込)
  • 盆(3個入)と抹茶  550円(税込)
  • 盆(2個入)と抹茶  460円(税込)

 

  • 盆(2個入) 200円(税込)
  • 盆(3個入  290円(税込)

おいしいほうじ茶もいただけてこのお値段。
いつも行列になっている訳です。

 

さて、お待たせしました、お持ち帰り用の折箱です。

  • 8個入     720円(税込)
  • 12個入  1,030円(税込)
  • 20個入  1,750円(税込)

 

剥いていきますね。取分け用の木へらと伊勢だよりがはさんであります。

 

上の伊勢だよりと木べらを取るとうっすらと文字が。

 

薄紙をはがすとこんな風になってたんですね。

 

とても丁寧に包まれていました。

 

材料は北海道小豆と国産もち米。
賞味期限は夏期(5月中旬~10月中旬)製造日共2日間、冬期(10月中旬~5月中旬)。

 

伊勢だより。
購入した日の伊勢だよりが入っています。

こちらの「伊勢たより」は店頭にも置いてあり、誰でもいただいて帰れます。
なんと500種類あるとか!

 

こちらが木へらですね。
こちらで赤福の隙間を切るようにしてから、すくうようにして取り出します。
が、きれいに取り出すのはかなり至難の業。

 

やっぱりお皿に移すと形が崩れます。
お客様には出せませんねぇ。

でもそんな気取らないところも赤福餅の魅力。
赤福茶屋の赤福はお店の厨房で手作りしてお皿にのせてくれてますので綺麗なのでしょう。
カロリーは1個37.5gあたり91kcal。

 

頑張って半分に割ってみましたよ。
見栄え悪いですが、、、

中身はもちっとしてお餅と白玉の間くらいの感じです。
おいしくいただきました。