両口屋是清の「をちこち」はどこか懐かしい正統派和菓子

スポンサーリンク



両口屋是清の「をちこち」をいただきました。
50代のわたしが、子どもの頃にも食べた懐かしい和菓子です。
あの頃は頂き物でしか口に入らない、高級な和菓子だったんですけどね。

 

 

こちらは半棹サイズです。

サイズは10㎝×5cm×高さ4cmほど。
重さは210gほどになります。
賞味期限は約一ヶ月。

ほどよい甘さのつぶあんの羊羹に、山芋、村雨ではさんでいます。

羊羹の甘さを村雨がほどよくやわらげ、山芋が品よくまとめています。

小さい頃、この味が大好きでした。
昔おいしかったものって、大人になってから食べてみると大したことなかったりするんですけどね。
「をちこち」は今食べてもやっぱりおいしいです。

ならば昔と変わっていないのかと言えば、こちらは昔のCMから切り取ってきたものです。
今とちょっと変わっていますよね。
確かに昔と全く同じでは「変わらずおいしい。」とは思えないかもしれませんね。

こちらが品質表示。

はるかな山々の風情をお菓子に意匠いたしました。
選び抜かれた丹波大納言小豆の風味を生かす製法と、伝統の技で仕上げました。ほどよい甘さと小豆の風味をお楽しみください。

主人敬白

「をちこち」とは、古文で「遠い近い」という意味に使われているそうです。
はるかな山々になぞらえて作られた和菓子だそうですよ。

長年地元で愛され続ける老舗の味を是非味わってみてくださいね。

をちこち 半棹/756円/両口屋是清