オアシス21第10回栗きんとん祭り2016「栗くらべ」を食べ比べ

スポンサーリンク

 

毎年この時期に名古屋で行われる恵那市観光物産展~栗きんとん祭り~。
今年でもう10回目です。

f:id:juno1123:20161020023212j:plain

スポンサーリンク

 

f:id:juno1123:20161020023238j:plain

こちらの「栗きんとん」祭りの目玉は、
恵那市内の人気和菓子屋さんの栗きんとんの食べ比べセット。
今年は豪華に9店舗、9種類の栗きんとんの詰め合わせです。

f:id:juno1123:20161020024139j:plain

立派な箱に入って2,100円です。
さてさて、箱の中はどんな風になってるんでしょうか?

AD


 
f:id:juno1123:20161020024237j:plain

はい、ぱかっと蓋を開けるとこんな感じです。
「両楽」の栗きんとん以外はすべて巾着結びですね。

f:id:juno1123:20161020024434j:plain

ほんの少しづつ形や色が違います。
茶巾の絞り具合も微妙に違って面白いですよね。

f:id:juno1123:20161020024658j:plain

こちらの9つのお店の栗きんとんが入っています。
順番は左側と右側の縦の列を逆にしてください。
左上が「恵那銀の森」、右下が「両楽」になります。

せっかくなので、9種類を少しづつ食べてみましたが、
口当たりの滑らかでマイルドなもの、
ほろっとするくらいギュッと詰まったもの、
ゴロゴロと栗の実が残って栗感がするもの、
それぞれに良さがあり、どれもおいしくいただきました。

f:id:juno1123:20161020025717j:plain

栗きんとんの他にも新鮮野菜や栗ご飯、朴葉寿司、五平餅など
恵那の名物がたくさん売られていました。

来年も是非とも行きたいです。

「良平堂」の栗きんとんは楽天でもお取寄せできます。
9種の中では一番なめらかでマイルドな口当たりでした。
画像では右列の真ん中の栗きんとんです。

 

AD